AX ターゲットを絞り独自の切り口で差別化する

ターゲットを絞り独自の切り口で差別化する



 

現在わが国でアフィリエイト人口が400万人を超えています(2011年株式会社「もしも」の調査で387万人いるとの発表に基づく)。

 

これは日本の総人口の約3%にあたります。

 

 

高齢化社会に入って、定年後時間の余裕がある中高年層がアフィリエイト
に参入することは容易に想像できます。

 

私の会社の上司も最近アフィリエイトで儲かることを知って、
医療系のアフィリエイトに興味を持っています。

 

看護士や医師の求人情報会社のアフィリエイトは、
1無料登録1件で3~5万円の報酬があがるため、
とても美味しいアフィリエイトです。

 

しかし、これからアフィリエイトを始める後発組が参入して
すぐに報酬を上げられるわけではありません。

 

検索エンジンで、看護士求人と検索すれば、多くの
アフィリエイターが参入していることが分かります。

 

特に、医療系、投資系、金融系などの報酬が高いジャンルでは、
個人のアフィリエイターがやっているのではなく、
企業単位でアフィリエイトをしているところが多いです。

 

個人のアフィリエイターでも、ある程度収益があがってくると、
外注さんに記事を作成してもらったり、バックリンクサイトを
作成してもたったりしています。

 

私がもっとも得意とする美容・健康系の物販アフィリエイトでも、
多くの企業が参入しています。

 

そして、現在では類似コンテンツが氾濫していて、物販でも情報商材
でも内容が同じようなサイトが溢れています。

 

それは、多くのアフィリエイターや外注さんが、他のサイトを模倣
しているからに他なりません。

 

サイトを作るにしても記事を書くにしても、検索エンジンで上位を
占めているサイトの記事をまねしてリライトしているのです。

 

そのため、検索エンジンでキーワードで検索しても似たようなサイト
しか見つからないという現状にあります。

 

美容・健康系でも○○大学などという、どこか大学教授が協賛で企業で
運営しているサイトがありますが、そこで得られる情報はウィキペディア
的な情報であって悩みを解決してくれる情報でないことが多いです。

 

ユーザーが検索エンジンで検索して、欲しい情報が見つかるまで、
平均して3.5回検索すると言われています。

 

初めはビックなキーワードで検索して、次に複合キーワードで検索して、
さらに悩みのキーワードを入れてやっと情報が見つかるというような
具合です。

 

ユーザーにとって本当に必要な情報を載せてるサイトは、
けっしてビックなキーワードで上位にランクするサイト
ではありません。

 

数年前まではブログにアフィリエイトリンクを貼れば
売れる時代がありました。

 

アフィリエイターが増えると、SEO(検索エンジン適正化)
の競争が激しくなり、自動ツールや広告費を使って何とか
検索エンジンで上位にランクしようとします。

 

Goole社のアルコリズム変遷によって、ユーザーにとって価値の
ないサイトはどんどん排除される傾向にありますが、それでも
ブラックハットと呼ばれるような裏技を使ってアフィリエイト
をしている輩もいます。

 

そうしたサイトで長く稼げるはずもなく、現在ではそのサイトの
独自性なり管理人のポリシーが他のサイトを差別化していなければ、
生き残ってはいけません。

 

差別化するやり方の大きなポイントはターゲットを絞り込み、
ターゲットの悩みを解決してくれるようなキーワードを選択して
コンテンツを充実させることです。

 

特に、ターゲットは絞り込む必要があります。

 

情報商材アフィリエイトでも、「初心者が稼げる方法」を
タイトルにしているサイトが多いですが、初心者とはどういう人
を指しているのか絞り込む必要があります。

 

・どのレベルの初心者を指すのか
・年齢はどの層をターゲットにするか
・男性と女性のどちらをターゲットにするか
・副業でやりたいのか本業でしたいのか
・目標とする収入はいくらなのか
・情報商材を購入したことがあるか

等、いろいろと分かれてきます。

 

その中で、どのターゲットに対して、そのターゲットが必要
とする情報を専門的に扱っていく必要があります。

 

SEOのことを考えれば、ある程度コンテンツがないと上位表示
されませんので、百貨店的なサイトになることはやむを得ませんが、
専門店的なサイトを作っていったほうが差別化しやすいです。

 

そのためには、Yahoo!知恵袋などでユーザーの具体的な悩みを理解したり、
専門家の書籍を読んで勉強するなどして差別化するための情報を入手します。

あるターゲットの悩みを解決したり希望を実現するために特化した
記事を100くらい作成したら、他のサイトと差別化されパワーサイト
になる可能性が高くなります。

ですから、サイトを作ったり記事を書くときは、常に差別化ということを
意識するようにしましょう。
 

 

 

 

 

■お役立ち情報満載のブログはこちらから■


起業・独立ランキング


にほんブログ村
 

 

 

■おまとめソーシャルブックマーク■

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ登録はこちらから!!

 

 

 

 

 

 

 

⇒トップページに戻る

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

名前: 藤井 暁彦

50歳で借金地獄から逃れるようにして東京から沖縄に移住し、人生の再出発をしました。現在は講師をしながらネットビジネスで独立起業を目指しています。

⇒詳しいプロフィール

メルマガ登録はこちらから

◆ランキング上位掲載中◆

皆様にランキングの画像をポチッとしていただけると元気になります。


メルマガ・アフィリエイト


にほんブログ村

アフィリエイト基礎講座










オススメの情報商材・ツール

☆トレンドアフィリエイト基本書

 

☆YouTubeアフィリエイト

 

■Twitter集客販売ツール

 

☆コピーライティング
の秘訣 

 

■HP作成ツール

 

■HP・WP作成ツール


 

◎無料オファーのASP

 

▲トップへ戻る