AX Twitter集客・販売の自動ツール比較レビュー

Twitter集客・販売の自動ツール比較レビュー

ツイッターを使ったアフィリエイトは、初心者の方が成果をあげるには簡単で手っ取り早い方法です。

 

キャッシュポイントには、無料オファー(稼ぐ系)、無料登録(出会い系等)、ダウンロード系(動画・ミュージック・ゲーム・コミック等)、物販(楽天・A8.net等)があります。

 

アフィリエイトの報酬単価はさほど高くありませんが、私が知っている月収
100万円以上稼いでいるトップアフィリエイターもツイッターから始めた人が
何人もいます。

 

通常ブログやメルマガを使ってアフィリエイトをした場合、稼げるようになる
まで最低でも1~2ヶ月は要しますが、収入があがらずモチベーションを維持
できないために断念するアフィリエイターが後を絶ちません。

 

そのため、手っ取り早く稼ぐことができるツイッターアフィリエイトは、初心者
の方にオススメの方法です。

 

ツィッターアフィリエイトを効率的に進めるためには、自動集客ツールを使う
ことをオススメします。

 

ツィッターの自動集客ツールとは

まず、ツイッターで集客するためには、「フォロー&アンフォロー」を
効率的に行い、フォロワーを増やしていくことです。

 

「フォロー&アンフォロー」を効率的に行い、フォロワーを増やすためには、
自動ツールを使います。

 

自動ツールを使えば、検索キーワードや属性を登録しておけば、それに合った
ユーザーをフォローしてくれます。

 

自分がフォローすれば、フォロー返しでフォロワーになってくれる人が多いの
ですが、一定の時間をおいてフォロワーにならないユーザーをアンフォローと
言って、フォローの対象からはずしていきます。

 

短期間に大量にフォローしたりアンフォローしたりすると、ツィッターから
アカウントをロックされたり凍結されたりしますので、凍結耐性のある自動
ツールを使って「フォロー&アンフォロー」したほうが安全です。

 

自動ツールによって、フォロワーが増えるスピードやアカウントの凍結耐性
については、ほとんど大差ありません。

 

アカウントの凍結耐性が強くなると言われるのはフォロワーが2000を超えて
からで、それまではどのツールを使っても最初は「相互フォロー100%」と
名乗っているようなアカウントからフォローします。

 

また、ツイッター自体が1000人のフォロワーを超えた時点でフォロワー数の1.1倍
までしかフォローできないシステムになっているため、それ以上のフォローをする
ことは自動ツールを使ってもできません。

 

そして、ツィッター集客でもっとも重要なことは、おもしろい呟き(ツィート)
をすることです。

 

誰かがおもしろい呟き(ツィート)を掲載すると、それを見ておもしろいと思った
フォロワーが、リツィートして拡大再生産することにツィッターの存在意義があります。

 

ツィッターはペンネーム等でアカウントを無制限につくることができるため、
ひとつひとつのアカウントから手動でツィートしていては効率が悪いです。

 

そこで、「BOT」と呼ばれる自動ツィート機能をもったツールが登場してきます。

 

「BOT」は、あらかじめ用意しておいたツイート文章を登録しておくと、
指定日時にツイートしてくれる機能です。

 

「BOT」で効率的に「おもしろいツィート」をして多くのフォロワーにリツィート
されれば、さらなるフォロワー増につながり、「フォロー&アンフォロー」機能を
補助してくれます。

 

もちろん、自分の他のアカウントからもリツィートできるのですが、自作自演の
リツィート が定期的に何度も行われると、関係したアカウントがすべて凍結され
ることがあります。

 

自作自演のリツィートは最小限に抑え、自分以外のフォロワーがリツィートして
くれるようなおもしろいツィートをすることが重要なのです。

 

ここで問題となるのは、その「おもしろいツィート」を複数のアカウントでそれ
ぞれ毎日考えなければならないのかということです。

 

自動ツールの比較する大きなポイントがここにあります。

 

それで、今人気の3つの自動ルールについて比較していきます。

 

 



ツイッターキング2

2016年5月から一括買い切り盤が発売。 「人気つぶやきの収集」「お気に入りブログから最新記事をRSS収集」「リライト機能」まで装備し、細部にわたり初心者が使いやすく設計されているツールです。

価格14800円(ダウンロード販売)


⇒ツイッターキング2



Twitter Brain

「BOT機能の完全なオートメーション化」をした”魔法のツール”。人気ツイートやトレンドツイートを自動取得してリライトまで全自動で24時間稼働します。

価格29800円(ダウンロード販)


⇒Twitter Brain



フォローマティックXY

2014年4月から発売され、2年間インフォトップ売筋商材の上位にランクされ殿堂入りした商材。販売者きったんさんと柏崎さんによるが推奨するクリーンなやり方に根強い人気!!

価格は、22,800円(ダウンロード販売)


⇒フォローマティックXY

 

 

集客の王者『ツイッターキング2』買い切り盤

 

ツイッターキング2は、フォローマティックXYと同じPCインストール型
ツールをセットすることは簡単です。

 

フォローマティックXYはアプリケーションを閉じると動作がストップ
します。

 

ツイッターキング2は、アプリケーションを閉じてもPCの電源を入れて
おけば「ソフト常駐機能」によりバックグラウンドで稼働しますので、
PC操作の邪魔になりません。

 

従来のツイッターの自動ツールは「フォロー&アンフォロー」「BOT&
リツィート」だけでしたが、ツイッターキング2には、「自動つぶやき収集」
「RSS投稿」「リライトツール」まで装備しています。

 

具体的には、検索キーワードを入力すると、

1.ツイッター上の人気のつぶやきを収集する

2.お気に入りのブログからRSS機能を使って最新記事を取り込む

3.1と2で取り込んだつぶやきや記事を適当にリライト(書き換え)する

 

上記3つをすべて全自動でやってくれます。

 

そして、自動取得したつぶやきをリツィートするのが『人気リツィート機能』
です。

 

ツイッターキング2は、フォローマティックXYのように自分のアカウントだけ
をリツィートするのではなく、リツイート数の多い人気ツイート、トレンドな
ツイート、指定アカウントのツイートを自動収集して、それをリツィートします。

 

2016年の4月まで、ツイッターキングは、月額2980円の料金制だったため、
1年間で3万以上のコストがかかりました。

 

ところが、2016年5月に突然、買い切り盤が発売されました。

 

私がはじめてツイッターキング2の公式ページのセールスレターを見たときに、
直感的に「本物である」と感じました。

 

普通のセールスレターは、文字通り、売り込みための宣伝ページですから、
「購入すると良いことがある」ということがぎっしり書いてありますが、
「じゃあ、一体どう稼ぐの?」とつっこんで考えると分からないことばかり
です。

 

ところが、ツイッターキング2の公式ページを見ると、セールスレターと
いうより、図解入りのマニュアルになっています。

 

それまでツイッターキングが料金制を採ってユーザーと共に進化し、
ツールの機能に自信があるということの裏付けだと思います。

 

ツイッターキング2は、ユーザーが「この機能があったらいいな」と思う
機能をすべて取り揃えています。

 

そして、これからツイッターの仕様が変わることも考えられますが、
バージョンアップした機能を自動アップデートできる強みを持っています。

 

この自動アップデート機能は、ツイッターブレインやフォローマティックXY
にはない機能です。

 

例えば、アフィリエイトリンクやブログの独自ドメインを、つぶやきの文章の中に
入れると字数オーバーになったりするので、多くのアフィリエイターは、短縮URL
に変換してツィートします。

 

ところが、最近、ツイッター側のアフィリエイトに対する規制が厳しくなってきて
いて、短縮URLの無料ソフトやフォローマティックXY付属のソフトを使うとツィ
ートができないことがよくあります。

 

自動ツールの究極系と言われるツイッターブレインには、短縮URLツールが付いて
いません。

 

ツイッターキング2には、開発された「独自ドメイン短縮URLツール」が付いてい
て、アフィリエイトリンクやブログの独自ドメインも規制を受けずツィートする
ことができます。

 

こちらの「独自ドメイン短縮URLツール」については、先着1000名様となって
いますので、今だけのチャンスかもしれません。

 

ツイッターキング2のお値段は14800円で、フォローマティックXYやツイッター
ブレインと比べて格安なのですが、私も使ってみて安心して使える最良のツール
です。

 

これから、ツイッターを使ってアフィリエイトを始められる方へは、
第一にオススメしたいツールです。

⇒集客の王者『ツイッターキング2』買い切り盤

 

 

 

 

自動ツイートツールの究極系「Twitter Brain」

 

 

ツイッターブレインは、サーバー設置型ですから、いったんサーバーにセットして
しまえば、PCの電源を切っていても24時間作動しています。

 

サーバー設置については、マニュアル通りにやればよいのですが、初心者の方で
上手くできなければ、3000円の費用を払って代理設定もやってもらえます。

 

また、サーバーはハッスルサーバ―を使うのですが、レンタル費用として月額200
円がかかってしまいます。

 

他のサーバーでも設置できるのですが、Web上の専門的な知識がないと難しいです。

 

それでは、本題にもどりますが、ツイッターブレインの最大の特徴はリツイート
機能にあります。

 

リツイート数の多い「過去のツイート」と「リアルタイムなトレンドツイート」を
リサーチして取り込み、自動でで「BOT化」してくれることです。

 

リツイートの設定は、次の3つの作業をするだけです。

1.属性キーワードを入力

2.基準の最低リツイート数を入力

3.取り込みボタンをクリック

 

これだけの作業で100個や200個、否それ以上の数でもたったの5分もかからずに
完了してしまいます。

 

しかも、実際に多くのリツイートが付いた「ウケるおもしろいツイート」を
画像ごとごっそりそのまま取り込んでしまいます。

 

また、いざ取り込んだツイートに反応が良くなければ、属性キーワードを変えて
入れ替えすることも、瞬時にやってしまいます。

 

さらに、取り込んだツイートの文章や画像のみを書き換えて、いわゆる「リライ
ト」や編集も自由に行うことができます。

 

フォローマティックXYが「BOT機能は本人まかせ」なのに対して、
Twitter Brainは「BOT機能の完全なオートメーション化」をした自動ツールの
究極系として“魔法のツール”と言えるでしょう。

 

Twitter BrainのBOT機能は、自分が頭を捻って一生懸命ツイートを作るよりも
遥かにフォロワーに「ウケルおもしろいツイート」を「完全自動」で5分もかか
らずに作り出してくれるのです。

 

そもそも「ツイート」こそがメインのツイッターでは、「どれだけおもしろい
ツイートをつぶやいてナンボ」という世界です。

 

稼いでいる人と稼げていない人の「差別化出来るポイント」は、それくらいしか
ないのがツィッターの特徴です。

 

しかし、これだけ便利な魔法のツールであれば、当然、疑念を持つ方がいると思います。

 

その疑念とは、次の2点でに集約できると思います。

 

1.他人のツイートや画像をそのままパクってツイートしていいのか

2.過去にリツイートがたくさんついたツイートを
現在もツイートして「反応」が取れるのか

 

この2点について、疑念を解消していきたいと思います。

 

 

他人のツイートや画像をそのままパクってツイートしていいのか

法律的には著作権がからむ問題ですが、「ツイッター上の利用規約」が
あります。

 

利用規約から、該当する箇所だけ引用させていただきます。

 

少し分かりにくいかもしれませんが、要するに、ツイッターに
ツイートや画像を投稿した時点で、そのツイートや画像の内容
については他のユーザーが、コピー、複製、改変、修正、公表、
送信することに同意しているということです。

 

したがって、他人のツイートや画像をそのままパクる行為は
ツイッターの規約上も許されていて、投稿者がその規約に同意
している以上、法律的にもOKということです。

 

これで1つ目の懸念点はクリアされましたね。

 

 

それでは、次の懸念にいきます。

過去に人気のツィートを取り込んで「反応」が取れるのか

この点については、Twitter Brainの機能を正しく理解する必要があります。

 

Twitter Brainは、過去だけでなくリアルタイムでリツイートの多いツイートを
取り込み自動的にツイートしていく機能がありますので、過去・現在・未来に
かかわらず、ツールに設定した検索キーワードに対して、一定のリツイート数が
ついたツイートを取り込んでいける機能を持っています。

 

実際のところは過去のツイートを何百と取り込むだけでも、フォロワーからの反応
があります。

 

そもそもツイッターのツイートは、タイムラインで流れ、そのフォロワーくらい
しか見ていません。

 

1000人のフォロワーがいるユーザーのツイートがあっても、その1000人が全員
が見ているわけではないです。

 

要するに「リツイート数の多いツイートを取り込む」と言っても、実際にそれを
見た人数は限られてきますので、あなたのフォロワー全員が、そのツイートを見
たことがある可能性は非常に低いです。

 

これで2つの懸念も無くなったかと思います。

 

このツールは本当にツイッターの自動ツールとしては「究極系」です。

 

フォロワーの属性とそれにマッチするツイートを取り込んでいけば、
「完全自動の集客装置」として稼働させることができます。

 

しかも、「完全自動の集客装置」となるアカウントを10個でも20個でも
100個でも同時に作っていくことができるツールです。

 

さらに、Twitter Brainにはその効果を加速するマーケティングマニュアル
Twitter Brainの教材一式には、

・ツイッターマーティングマニュアル

・140文字以内のツイートに特化したライティングマニュアル

が付いています。

 

この2つのマーケティングとライティングの技法を身につけていけば、
ツイッターだけでなくブログ、メルマガとこのツールを連動させて稼いでいく
ことができます。

 

マーケティングの技法については、具体的には次のマニュアルも付いてきます。

ツイッターのみで完結するツイッターアフィリエイト

ツイッターとブログを連携させるツイッター×ブログアフィリエイト

ツイッターとメルマガを連携させるDRMアフィリエイト

 

つまり、Twitter Brainはひとつの集客の手段として、あらゆるアフィリエイトに
応用することができます。

 

マーケティングの技法だけでも情報商材としての価値があります。

 

Twitter Brainは、既にブログやメルマガを作成しているアフィリエイターに
とっては、最強の集客ツールと言えます。

 

私自身、Twitter Brainを稼働させたときは、フォローマティックXYで苦労して
いたことが瞬時に解決され、「いままでの苦労は何だったのか」という目から鱗が
落ちる思いでした。

 

ツイッターでアフィリエイトをするのなら、これ以上のツールはないと思います。

 

短縮URLツールについては、もっとも安心して使えるGoogle社が作成したツール
をオススメします。

⇒Googleの短縮URLツール

 

⇒自動ツイートツールの究極系「Twitter Brain」

 

 

 

インフォトップで殿堂入りのフォローマティックXY

 

 

フォローマティックXYは、PCインストール型でツールをセットすることは簡単
ですが、XYを別々にアカウントを登録させるのが少し面倒です。

 

フォローマティックXが「フォロー&アンフォロー」、フォローマティックYが
「BOT&リツィート」を別々に行います。

 

BOTでツィートする文章は、自分自身が考えて登録します。

 

1つのアカウントに200個の文章を目安に登録するようにマニュアルには書いて
あります。

 

同じ文章を定期的に何度もツィートすると凍結されますので、文章は常に更新
しなければなりません。

 

リツィートについては、自分のアカウント同士でやります。

 

つまり、自作自演のリツィートであり、定期的に同じ文章のリツィートすると
凍結されます。

 

フォローマティックXYは凍結耐性に強いと言われていますが、私自身も使って
いて、2015年2月には複数のアカウントがごそっと凍結されました。

 

凍結を解除申請することはできますが、同じアカウントで何度もロックや
凍結がされると永久に凍結を解除することはできなくなります。

 

現にフォローマティックXYを作成した柏原勇さんのツィーターのアカウントも
凍結されていますので、凍結耐性に強いと言ってのそのレベルです。

 

そして、何よりもアフィリエイターが苦労するのが、おもしろいツィートを
毎日考え続けなければならないということです。

 

フォローマティックの付属マニュアルには「頑張っておもしろいツイート
を作りましょう!」ということがしきりに書かれています。

 

どれだけツールで多くのフォロワーを集めても「おもしろいツイート」を作れ
なければ、稼いでいくことができないことが、付属マニュアルにハッキリと
記載されています。

 

ツィッターのユーザーは、20~30代の若年層が多いわけですから、その年代に
「ウケルおもしろいツイート」をするには独特のセンスが要ります。

 

若年層ならまだしも、ふだんから「おもしろいツイート」を考えていない
中高年の方がやっても、上手くいくはずはありません。

 

そこで、「おもしろいツイートの具体的な作り方」として、「リツイート数
の多いツイートを参考ににして作りましょう。」・・・というのがフォロー
マティックXYのマニュアルに書いてある「答え」です。

 

仮に、リツイート数の多いツイートを見つけたとして、それを自分なりに
アレンジしてそれに似合う画像を探し、その画像のURタグをひとつひとつ
BOTに登録するのに10分はかかります。

 

それを1つのアカウントに200個作ろうと思えば、どれだけ大変な労苦か
分かりますよね?

 

実際にフォローマティックXYを使って、それなりに稼いでいる人は
このプロセスを経てそこに行き着くことができた人です。

 

しかし、その一方でフォローマティックXYに特化して、ツイーターで
稼げると思って始めた多くのアフィリエイターが「こんなはずではなかった」
と言って断念していったのです。

 

⇒インフォトップ殿堂入りのフォローマティックXY

 

 

 

以上で3つのツィッターの自動ルールをご紹介したしましたが、
それぞれの機能を比較するうえで一覧表をつくると次のようになります。

上の一覧表で※リツィートについては、
フォローマティックXYが自分のアカウント内での自作自演のリツィートである
のに対して、ツイッターキング2は、第三者のアカウントをリツィートするので、
その機能は大きく異なります。

 

また、Twitter Brainにリツィート機能がないのは、すぐれた人気ツィート機能が
あるからです。

 

Twitter Brainは、人気ツィートを取り込んでそのままリツィートするのでは
なく、適当にリライト(書き換え)てツィートまで全自動でやってくれるので、
作成者があえてリツィート機能は不要だと考えたようです。

 

ツイッターキング2とTwitter Brainが近代的なマニュファクチャーの技法を
とっているのに対して、フォローマティックXYは、前近代的な家内制手工業
であるというのが私の率直な意見です。

 

それでは、オススメのツールは何かと申しますと

 
これからツィッターでアフィリエイトを始めようとす
る方には、ツィッターキング2をオススメします。

⇒集客の王者『ツイッターキング2』買い切り盤

 

 

 

 

 

既にツィッターで使っていて、ご自分でもブログや
メルマガを作成している方には、Twitter Brain
オススメします。

⇒自動ツイートツールの究極系「Twitter Brain」

 

 

尚、ささやかではありますが、私のブログから自動ツールを購入していただいた方
には私からの特典もお付けします。

⇒私のブログからの購入特典A

 

 

 

 

■ランキングをポチッとしていただけると嬉しいです■


起業・独立ランキング


にほんブログ村

 

 

 

 

 

■おまとめソーシャルブックマーク■

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ登録はこちらから!!

 

 

 

 

 

 

 

⇒トップページに戻る

Comment

  1. 勇次 より:

    こんにちは、勇次です。
    コメントありがとうございました。
    やっぱり同世代の人がいると、励みになりますね。

    ブログへのアクセスはSEOが大事ですが、今の時代はSNSからのアクセスも重要ですよね。

    本当はツイッターなどで集客も考えないといけないんですが、まだまだというところです。

    ではポチ応援して帰ります。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

名前: 藤井 暁彦

50歳で借金地獄から逃れるようにして東京から沖縄に移住し、人生の再出発をしました。現在は講師をしながらネットビジネスで独立起業を目指しています。

⇒詳しいプロフィール

メルマガ登録はこちらから

◆ランキング上位掲載中◆

皆様にランキングの画像をポチッとしていただけると元気になります。


メルマガ・アフィリエイト


にほんブログ村

アフィリエイト基礎講座










オススメの情報商材・ツール

☆トレンドアフィリエイト基本書

 

☆YouTubeアフィリエイト

 

■Twitter集客販売ツール

 

☆コピーライティング
の秘訣 

 

■HP作成ツール

 

■HP・WP作成ツール


 

◎無料オファーのASP

 

▲トップへ戻る