AX アブハム・マズローの五段階欲求説

アブハム・マズローの五段階欲求説

 

 

アブハム・マズロー(1908~1970年)は、アメリカの心理学者で、自己実現
についての「人間性心理学」の生みの親と言われています。

 

人間が本来備わっている欲求には、五段階あるとう学説は販売戦略を考える
うえで重要な考え方のひとつです。

 

それでは、五段階の1つ1つについてお話していきます。

 

1.第一階層「生理的欲求」

 
生理的欲求は、人間が生きていくための基本的な欲求を言います。

 

人間の三大欲求は、食欲・睡眠欲・性欲です。

 

三大欲求を対象にしたビジネスはたくさんありますね。

 

食欲であれば高級和牛肉、睡眠欲であれば安眠枕、性欲であれば
AV関係など枚挙に困らないほどあります

 

マズローは、人間の生理的欲求がある程度満たされると、より高次の欲求
を求めるようになると説いています。

 

しかし、生理的欲求が満たされてもその状態が継続するわけではなく、
しばらくすると同じ生理的欲求が繰り返して生じたり、より大きな欲求
になることもあります。

 

例えば、和牛肉で食欲を満たされた人は、さらに美味しい牛肉を求めて
世界中の牛肉を探し回ることだってあります。

 

その反面、精神修養をしている修行僧のような人は、生理的欲求に支配
されることなく、より高次の欲求を満たすことを追求していきます。

 

つまり、マズローの五段階欲求には、個人差があります。

 

第一段階の欲求で留まる人もいれば、より高次な欲求まで追求しようと
する人もいます。

 

ひとりひとりの人間の顔や性格が違うように、欲求のレベルも違う
ということです。

 

これをビジネスにあてはめるのあれば、どの階層の欲求を
満たすための商材を選択していくのかということです。

 

いわゆるターゲットを決めるということが言われますけど、
第一階層になるほとターゲットは多くなります。

 

 

 

2.第二階層「安全欲求」

 

第一階層の「生理的欲求」が満たされると、より安全で快適な生活を
したいという欲求が生じてきます。

 

健康的に暮らしたいとか、快適な空間で暮らしたいという欲求です。

 

例えば、もっと大きな部屋に住みたいとかマイホームを建てたいというのは
その代表的な欲求でしょう。

 

他にも、ペットを飼って癒されたいとか、レジャーを求めて楽しい
時間を過ごしたいというのもこのレベルの欲求です。

 

 

3.第三階層「社会的欲求」

 

「社会的欲求」は、「親和欲求」とも呼ばれ、ある集団に属したり、
仲間が欲しくなったりする欲求のことです。

 

孤独だと不安を感じるのは、人間の自然な欲求であり、集団の中で
自分らしさを発揮して仲間と共感を得ようとします。

 

アフィリエイト塾などは、この欲求をみたすものとして、
トップアフィリエイターが多くが開催しています。

 

しかし、その集団が自分に合った集団かどうかはよく見極める必要
があります。

 

実際のところ、参加してみないと外からは分かりにくいという欠点
があります。

 

 

 

4.第四階層「尊厳欲求」

 

「尊厳欲求」は、「承認欲求」とも言われ、他社から認められたいという
欲求です。

 

第三階層の「社会的欲求」とも関係してきますが、「社会的欲求」は集団の
中で共感を得るに留まるのに対して、「尊厳欲求」は自分が仲間から「いいね」
とか「スゴイ」と言われたい欲求のことです。

 

尊厳欲求は、ビジネスではいろいろ応用できます。

 

例えば、女性はいろんなつながりを持っていますので、その集団の中で
「髪がツヤツヤしてきた」「お肌がすべすべしてきた」と褒められたら、
嬉しくなってもっと美しくなろうとしますね。

 

この女性としての尊厳欲求は、美容系の物販アフィリエイトでは
応用範囲が広いです。

 

また、YouTubeでおもしろい動画、Twitterでおもしろいツィート、トレンド
アフィリエイトでは話題性の高い記事についてよりつっこんだ内容の記事を
掲載して、多くのアクセスが得られ爆発的な収益につながれば、大きな達成
感を得ることができます。

 

その欲求を満たすために、情報商材やツールがあります。

 

私などは情報商材アフィリエイトをしていて、ユーザーからの感謝の
コメントをいただいたときは紹介して良かったという充実感に包まれ
ます。

 

 

5.第五階層「自己実現欲求」

 

「社会的欲求」「尊厳欲求」が満たされると、その上のレベルとして
「自己実現欲求」があります。

 

ここで言う「自己実現欲求」は、個人のレベルを超えて社会的存在としての
自己実現です。

 

例えば「高級ホテルに宿泊して世界旅行をすること」は、
ここで言う自己実現ではありません。

 

個人レベルでより快適な生活をしたいという欲求は、
第二階層の「安全欲求」です。

 

社会的存在としての自己実現は、社会的に影響力を持つことです。

 

会社を辞めてアフィリエイトの個人事業主になることも
ここで言う意味の自己実現です。

 

アフィリエイトは社会的影響力をもったビジネスだからです。

 

もちろん、詐欺まがいのアフィリエイトをして稼ぐだけ稼ごうとすること
は、社会に害悪しかもたらしませんので、破滅の道を歩む負の自己実現です。

 

私がここで言いたいのは、社会の人々に価値を提供できるようなアフィリ
エイトをするべきだということです。

 

個人事業主としてアフィリエイトに成功し、さらにビジネスを発展させる
ことができれば、企業を設立することができます。

 

ここまでくれば、他の企業のマネージメントコンサルタントをしたり、
ビジネススクールを立ち上げることも可能です。

 

 

6.五段階層の上にある「自己超越」という階層

 

マズローは晩年、五段階の欲求階層の上に、さらにもう一つの段階がある
と発表しました。

 

それは「自己超越」という段階です。

 

この段階になると何の見返りも求めずに、エゴや自我を忘れて、純粋の目的の
遂行・達成だけを求めるようになると言われています。

 

無蛾の境地で、何らかの使命をもって、社会に貢献したいというような欲求
です。

 

歴史的に偉人と言われるような人は、「自己超越」の欲求が強かったと
言えるでしょう。

 

近現代では、アンドリュー・カーネギー、ナポレオン・ヒル、
ビル・ゲイツのように事業に成功して築いた資産を社会的事業に充てたり
することが、その良い例です。

 

 

7.まとめ

 
私が、何故、「マズローの5段階欲求説」を記事に載せたかと言えば、
ビジネスの戦略を立てるうえで重要な考え方だと思ったからです。

 

ネットビジネスをしていくうえでは、ユーザーのどの欲求を満たすために、
どの商材やサービスを提供するのかの選択をします。

 

そして、ターゲットは誰か、どういうキーワードを選定して、ライティングは
どうするのかを考えていく必要があります。

 

最後の、自己実現や自己超越の欲求は、ユーザーの欲求というよりも、
私や読者の皆様の欲求でありたいと願います。

 

ビジネスの戦略を考えるうえで、社会的に自己実現をして、社会に貢献
していくことを目標にするほうが、使命感に裏付けられ、多くの人々に
感動を与え、協力者を得ることができると考えています。

 

このブログが夢実現をテーマにしている理由はそういうところに
あります。

 

 

 

 

 

 

 

■ランキングをポチッと
していただけると嬉しいです■


メルマガ・アフィリエイトランキング
 

 

 

 

 

■おまとめソーシャルブックマーク■

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ登録はこちらから!!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

名前: 藤井 暁彦

50歳で借金地獄から逃れるようにして東京から沖縄に移住し、人生の再出発をしました。現在は講師をしながらネットビジネスで独立起業を目指しています。

⇒詳しいプロフィール

メルマガ登録はこちらから

◆ランキング上位掲載中◆

皆様にランキングの画像をポチッとしていただけると元気になります。


メルマガ・アフィリエイト

 

アフィリエイト基礎講座










オススメの情報商材・ツール

☆トレンドアフィリエイト基本書

 

☆YouTubeアフィリエイト

 

■Twitter集客販売ツール

 

☆コピーライティング
の秘訣 

 

■HP作成ツール

 

■HP・WP作成ツール


 

◎無料オファーのASP

 

▲トップへ戻る