Google社がアルコリズムを頻繁に変える理由

Google社がアルコリズムを頻繁に変える理由

 

2010年くらいまでは、Googleの検索上位に位置するサイトは全く役に立たないサイトや詐欺まがいのサイトが羅列されていました。

 

これでは、ユーザーがGoogleを利用しなくなり広告収入が減ってしまうため方針を変更しました。

 

 

パンダとかペンギンとか聞かれたことがあるかもしれませんが、
Googleは大幅なアルコリズム(検索エンジンに上位表示する指標)を
変遷をしています。

 

現在でも年間500回ほどアルコリズム変遷をしていると聞きますので、
毎日にように手入れをしていると考えてよいでしょう。

 

私たちが作成したサイトは、クローラーと言うロボットがインターネット
の世界を巡回して見ていきます。

 

そして、アルコリズムの指標に従ってロボットが検索順位を決定していきます。

 

ところが、最近はGoogleの社員が目視でサイトを見て、
検索順位を入れ替えることまでしています。

 

そこまでして検索順位を変えるGoogleの意図とは何でしょうか?

 

 

Google社がアルコリズムを変遷させる理由

Googleがアルコリズムを変遷する理由を一言で言えば、
広告収入を増やすためです。

 

私たちが、キーワードを入れて検索すると、ページの上部と下部に
Googleアドワーズ広告が掲載されます。

 

その広告がクリックされると広告主にGoogleは広告代を請求します。

 

Googleが広告収入をあげるためには、検索ページに長くユーザーを
滞在させる必要があります。

 

そのために、Googleは、ユーザーが検索する意図を正確に把握して
ニーズに合致する記事を上位表示させているわけです。

 

つまり、Googleが評価するのは良質なコンテンツ(中身)になっている
サイトです。

 

かつてのように、キーワードを羅列したり、自作自演の被リンクを
送りまくっているようなサイトは評価されなくなってきました。

 

そのようなサイトは、上位表示とはかけ離れた圏外に飛ばされたり、
インデックス(検索エンジンに表示されること)さえされなくなります。

 

次に、具体的に検索エンジンに上位表示させるための方法をSEO
(検索エンジン適正化)をはかるために重要な考え方を挙げてみます。

 

 

SEO(検索エンジン適正化)で重要な考え方

1.ユーザーが必要な情報が得られること

ユーザーにとって有用なコンテンツのサイトになっていることが
もっとも重要です。

 

一般的に、ユーザーが必要な情報にたどり着くまでに、
平均3.5回検索キーワードを入力すると言われます。

 

はじめは、ビッグキーワードと言って、大きなテーマのキーワード
を入れます。

 

そうするとあまりにも多くのサイトが表示されるため、
次のキーワードを入力していきます。

 

それは複合キーワードだったり、ユーザーの思考内容をそのまま
検索まどに入力します。

 

複合キーワードはどんなキーワードが入力されやすいか、
またユーザーはどんな悩みを解決したいのかなどを
研究していくことが必要になります。

⇒複合キーワードとSEOについて

 

ビッグキーワードで検索エンジンに上位表示する必要はありません。

 

ビッグキーワードで検索エンジン1位になったからと言って
大きな収益があがるわけではありません。

 

それは、ユーザーが必要するとする情報を提供していないからです。

 

ユーザーが必要とするのは、もっと身近に問題を解決してくれたり
希望をかなえてくれる情報です。

 

ここで注意するべきことは、サイトのトップページで集客するのでは
なく、それぞれの記事で集客するという考え方です。

 

コンテンツが充実したサイトであれば、1つの記事だけで検索エンジン
の上位に表示されますので、記事タイトルに入れるキーワードも重要に
なってくるということです。

 

 

2.ユーザーにサイトに長く滞在してもらえること

まず、サイトのデザインや見栄えは大事です。
ユーザーがそのサイトに滞在するかどうかは、3秒で決まると
言われています。

 

陳腐なヘッダーや文字ばかりのサイトには、ユーザーは滞在しません。

 

インパクトのあるヘッダーや綺麗な画像を入れたり、
文章が適度に改行されていて読みやすくなっている
ことが必要です。

 

そして、サイトに長く滞在してもらうためには、読みやすい文章で
書くことです。

 

専門用語や外来語を多用すると読みにくいですから、
ユーザーは離れていってしまいます。

 

できるだけ、分かりやすく、小学生でも理解できるような文章のほうが
長く滞在されます。

 

さらに、感動できるような文章が書けるようになれば、あなたのファンに
なってくれるユーザーが現れてきます。

 

成約型アフィリエイトをする以上は、文章作成力が問われますので、
コピーラィティングの技術は学んでおかれたほうがよいでしょう。

⇒濃い見込み客が訪問するコピーラィティングの基本

 

 

3.有用な被リンクがあること

SEOというと、被リンクの数がもっとも重要だと言う人がいますが、
必ずしもそうではありません。

 

Googleのアルコリズムは200以上の基準があって被リンク数だけで
検索順位を決めているのではありません。

 

かつてのように無料ブログから多数の被リンクを自作自演で送って
上位表示させる時代は終わりました。

 

Googleは、どれだけ支援されているサイトを見る指標として、
被リンク数を見ているだけです。

 

リンクを送っているサイトが、ほとんど閲覧されていないサイトや
記事が更新されていないサイト、IPSアドレスが同じサイトからの
被リンクは無用な被リンクと見なされることが多いです。

 

今まで外部リンクのことについて述べてきましたが、内部リンクが
効果的であることは知っておかれるとよいです。

 

内部リンクとは、1つのサイトの中で記事どうしで
リンクし合うことです。

 

適切に内部リンクがされているサイトは、ユーザーに必要な情報を
提供するための工夫がされていると見なされ、上位表示されやすく
なります。

 

効果的な内部リンクの貼り方は、こちらの記事を参考にしてください。

⇒内部リンクのSEO上効果的な貼り方

 

 

4.まとめ

以上、SEOについて重要な考え方を述べてきましたが、
本当のことを知っているのはGoogleだけです。

 

かつては自らを「SEOの神」などと称して、怪しげなツールを
販売していた輩もいましたが、「SEOの神」はGoogleです。

 

ですから、Googleに嫌われたら、ネットビジネスはできません。

 

私の結論としては、サイトのコンテンツを重視しながら、
検索されやすいキーワードを入れ、上位表示される指標として
次の数値があるということを知っておくことが大切です。

検索順位=検索回数×滞在時間×被リンク数

 

 

 

 

メルマガが新しくなりました。登録された方に期間限定の特典を贈呈!!

 

⇒特典付き無料メルマガのお申込はこちら

 

 

 

 

 

■ランキングをポチッとしていただけると嬉しいです■

 

 

■おまとめソーシャルブックマーク■

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

名前: 藤井 暁彦

50歳で借金地獄から逃れるようにして東京から沖縄に移住し、人生の再出発をしました。現在は講師をしながらネットビジネスで独立起業を目指しています。

⇒詳しいプロフィール

◆ランキング上位掲載中◆

皆様にランキングの画像をポチッとしていただけると元気になります。


メルマガ・アフィリエイト

 

アフィリエイト基礎講座










次世代起業家育成セミナー

51時間の無料動画セミナー
テスト合格で奨学金1万円

オススメの情報商材・ツール

☆トレンドアフィリエイト基本書

 

☆YouTubeアフィリエイト

 

■Twitter集客販売ツール

 

 

 

■HP作成ツール

 

■HP・WP作成ツール


 

◎無料オファーのASP

 

▲トップへ戻る