シンプルマッピングで地頭力を鍛える

地頭力(じあたまりょく)という言葉をご存知でしょうか。
 

経営コンサルタントの細谷功氏の著書『地頭力を鍛える』でも述べられています。
 

それでは、地頭力とは、どんな力なのでしょうか?

 

地頭力とは?

一般には次のようなことが言われています。
 
結論からプロセスを考える力
 
全体を俯瞰(ふかん)して本質を見抜く力

複雑な事象を単純化して考える力

常識を疑って斬新なアイディアを思いつく力

 

頭の良い人ほど地頭力は優れていると言われています。

 

地頭力は鍛えることでどんどん伸びていきます。

 

学歴に関係なく頭は鍛えればどんどん良くなります。

 

そもそも普通の人は脳細胞を2~3割しか働かせていないのです。

 

天才でも4割くらいの脳細胞しか使っていないと言われています。

 

勉強しすぎたり本を長く読んでいると、頭が疲れてきて重くなりますね。

 

スポーツも同じで、ふだんスポーツをしていない人がテニスをやったり
ジョギングをしたりすれば、翌日は筋肉痛が起きまね。

 

実は、この疲労感がとても大切です。

 

スポーツをして筋肉が疲労すれば、体は強い筋肉をつくろうとします。

 

人間に限らず生物は、環境に準じて自分の体を作りかえていく能力を
持っています。

 

ですから、考えることをすると、考えるための脳細胞が活性化していく
ということです。

 

それでは、地頭力はどんなふうにして鍛えればよいのでしょうか。

 

次に、地頭力を鍛えるために良い方法を3つあげていきます。

 

頭の中にあることを図表化する

アフィリエイトのサイトを構築するにあたり、
マインドマップシンプルマップという手法がよく使われます。

 

マインドマップは物販アフィリエイトでサイト群を構築するうえで、
とても役にたつ方法です。

中心にサイトのテーマを書いて、中心から幹と枝を分けて、
関連する事項を図に表していきます。

 

いったんマインドマップを作成してしまえば、設計図と同じですので、
あとは作業をしていくことになります。

 

もし、家を建てるのに設計図がなかったらどうでしょうか。

 

作業が進まないどころか、不良建築ができあがるかもしれません。

 

物販アフィリエイトでサイト群をつくるときも同じです。

 

ペラサイトだけ作るのであれば思いつきでも作れたりしますが、
そのやり方で稼げるサイトを作るのは非常に難しいです。

 

最初に、マインドマップをつくり、ペラサイトの位置づけも考えて
おけば、あとは、中間サイト、総合サイトとサイド群を一気に作
り上げることができます。

 

マインドマップは無料ソフトでも作れますが、ソフトを使えるように
なるまで習熟しなればならないことが多いので、私は使っていません。

 

私はスケッチブックに色鉛筆で手書きで書いています。

 

1回で上手く書けなければ、何回でも書き直せばよいのです。

 

1度できあがったマインドマップに書き足すこともあります。

 

次に、マインドマップよりもっと簡単につくれるのがシンプルマップです。

 

シンプルマップは、松宮義仁氏が考案したノート活用術です。

100円で買えるA4ノートにマインドマップをもっと簡単にした図表を
作っていきます。

 

A4ノートであれば持ち運びができ、電車に乗っているときでも散歩を
しているときでもアイディアが浮かんだときに書き込めばよいのです。

 

シンプルマップは私も普段活用していて、とても良い方法だと思います。

 

ところで、マインドマップもシンプルマップもある形に似ていませんか。

 

樹木を連想した方もいると思いますが、脳にあるシナプスの形
に似ていますね。

 

シナプスとは、脳神経細胞(ニューロン)どうしをつなぐ連絡通路
のことです。

 

つまり、自分の頭の中にあるアイデアを図表化することで、
シナプスや脳細胞が活性化していくのです。

 

 

本をよく読む

私のこの記事も本を読んだ知識で書いています。

 

松宮義仁著『シンプル・マッピングの最強ノート術』という本です。

 

マインドマップについては、次の2冊がオススメです。

 

・松山 真之助(著)『マインドマップ読書術』

・ウィリアム・リード(著)
『記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術』

 

ビジネス本では、トップアフィリエイターたちが読んでいるこの本が
役に立ちますよ。

ドルー・エリック・ホィットマン著『現代広告の心理技術101』

 

一冊の本から学べることはたくさんあります。

 

私は、私は歴史物が好きで夢中になって読んでいます。

 

私の夢はネットビジネスで成功して、ビジネススクールや生涯教育の機関
をつくることです。

 

そのために読書は欠かせないものになっています。

 

本を読むということは、能動的に脳を働かせることになります。

 

反対にテレビを付けっぱなしにして何とはなしに見るときは
脳はほとんど働いていません。

 

便利さにかまけて考えることをしないと、脳は退化して痴呆に
なりかねません。

 

私は教育機関で長く働いていますので、仕事をやめて痴呆症になる方
が多いのには唖然としています。

 

定年退職して庭いじりやペットの散歩などしていてのんびり過ごして
いる人がある日突然アルツハイマー痴呆症になってしまうのです。

 

痴呆症は急速に進むこともありますが、大抵の場合は徐々に
進んでいます。

 

年をとってから本を読んでも効果がないと言う人がいますが、
私はその考えには反対です。

 

ビジネスに役に立つと言うだけでなく、脳を活性化するという意味でも
本を読むことは大切だと思います。

 

 

人の話をよく聞く

私は進学塾で国語を教えることがあり、生徒には「よく人の話を聞きなさい」
と話します。

 

国語の時間に、歴史のエピソードや私が幼少の頃の思い出話などをすると
生徒は目を輝かせて聞きます。

 

保護者から「うちの子は読解力がないんですけど、どうしたらよいですか?」
という相談を受けることがあります。

 

読解力がないのは、大抵の場合、本を読んでいないか人の話を聞いていない
かのどちらかです。

 

人の話を聞きながら、学びとることも多いですし、その人の感情や思考に
対して自分はどう接していくかも分かってきます。

 

ネットビジネスも顧客あってのビジネスですからユーザーの感情や思考を
つかむことは必要です。

 

そういう意味で、ふだんから人の話を聞くことはとても重要なことです。

 

アフィリエイトのセミナーなどに参加するのもよいですが、
地元の公民館などでもよく講話が開かれていますので、
参加すると楽しいと思いますよ。

 

 

 

 

以上のことをふまえ、アフィリエイトの王道で稼ぐためのマインドと戦略・戦術を
メルマガでお伝えしていきます。

 
メルマガ登録された方に期間限定の豪華特典を進呈!!

 

⇒特典付き無料メルマガのお申込はこちら

 
 

 

 

■ランキングをポチッとしていただけると嬉しいです■

 

 

■おまとめソーシャルブックマーク■

 

 

⇒トップページに戻る

Comment

  1. たっきー より:

    こんにちは!

    マインドマップと脳内の形が似ているのは
    なるほどと思いました。

    目に見えると整理されますね。
    シンプルマップは頭の中を整理するのに良さそうです。
    試してみます!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





プロフィール

名前: 藤井 暁彦

50歳で借金地獄から逃れるようにして東京から沖縄に移住し、人生の再出発をしました。現在は講師をしながらネットビジネスで独立起業を目指しています。

⇒詳しいプロフィール

◆ランキング上位掲載中◆

皆様にランキングの画像をポチッとしていただけると元気になります。


メルマガ・アフィリエイト

アフィリエイト基礎講座










▲トップへ戻る