AX 2017年 Googleアドセンス審査が厳格化

2017年 Googleアドセンス審査が厳格化

 

 

最近、読者からGoogleアドセンス審査の基準が
厳しくなってきているのではないかという
の問い合わせがありました。

 

2016年3月までは、無料ブログに500文字
程度の日記を10記事ほど載せれば、審査に通過
することが出来ました。

 

それが、2016年4月には無料ブログで申請して
も審査に通過できなくなりました。

 

そのため、独自ドメインを取得して、ワードプレスか
ホームページを作成しなければならなくなりました。

 

ちょうど同じ時期の2016年4月には、Googleの
ページランク(PageRank)が廃止されました。

 

ページランクとは、Google社が独自の審査基準で
0~10の11段階で決めていブログやホームページ
に対して評価を下していました。

 

私たちアフィリエイターにとって、ページランクは
自分の作ったサイトだけでなく、ライバルサイトへ
のGoogle社の評価を見る際の指標になったものです。

 

ところが、意図的にSEO(検索エンジン適正化)を
はかり、検索順位やページランクを上位にする業者
が後を絶たなかったため、Google社が苦肉の策とし
て打ち出したものです。

 

それと併行して、Googleアドセンスの広告媒体であ
るアフィリエイターのサイトもレベルアップを要求
されるようになりました。

 

2017年に入ってからは、さらに審査の基準が厳
しくなってきているようで、一次審査に通らなかっ
たり、一次審査の結果通知がいつまでも来なかった
りするケースが増えてきています。

 

ある読者の方からGoogle社からの審査不通過の連絡
を私に転送していただきましたんで、審査基準のと
ころだけ引用いたします。

 


これを見ると、「AdSense プログラム ポリシー」と
いうのがありますので、列記いたします。

 

1.無効なクリックとインプレッション

2.クリックの誘導

 

1と2については、サイト運営者様が自分の広告をクリック
したり、ユーザーにクリックを促したりすることを禁じて
います。

 

また、手動や他の方法で表示回数やクリック数を作為的に
増加させたりすることは禁止されています。

しかし、1と2は審査の通過前はそもそもアドセンス広告の
リンクを貼ってないのですから、問題になりません。

 

3.コンテンツ ガイドライン

コンテンツとは、サイトの内容だと思ってください。

 

Googleが禁止しているコンテンツは以下の通りです。

・アダルト コンテンツ
・危険または中傷的なコンテンツ
・危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
・アルコールに関連したコンテンツ
・タバコに関連したコンテンツ
・ヘルスケアに関連したコンテンツ
・ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
・報酬プログラムを提供するページ
・不適切な表示に関連したコンテンツ
・暴力的なコンテンツ
・武器および兵器に関連したコンテンツ
・不正行為を助長するコンテンツ
・違法なコンテンツ

 

禁止しているコンテンツは、反社会的なもの、未成年者
保護の観点からの犯罪防止、他人への誹謗中傷の禁止等
です。

 

私に問い合わせてきた方が、ダイエットに関する記事を
載せていたこともあり、私が気 になったのが、Google社
が「ヘルスケアに関連したコンテンツ」を禁止している理由です。

 

さらに、詳しく禁止内容について調べていきますと
Google社は次のような見解を持っています。

 

たとえば、次のようなコンテンツが該当します。

・処方薬のオンライン販売。
例:処方薬の販売(アフィリエイト プログラムを経由する場合を含む)

・オンライン薬局

・オンラインのドラッグストアや薬局へユーザーを誘導することが
主たる目的のページ

・未承認の医薬品とサプリメントの販売。
例: 宣伝が禁止された医薬品とサプリメントのリストにあるすべて
の商品(エフェドラを含有する商品など。なお、このリストは禁止
対象商品をすべて網羅しているわけではありません)

・医薬品有効成分や危険な成分を含有するハーブ系サプリメント
や栄養補助食品
がある名前の商品

 

つまり、薬事法に基づいて厚生労働省が 販売を認可していない医薬品
の広告をサイトに掲示してはいけないというルールです。

 

ですから、最近の健康ブームを反映して、ダイエットの記事を書いても
まったく問題はありません。

 

4.著作権で保護されているコンテンツ

著作権法によりますと、著作権の保護期間は次のように定められています。

・実名(周知の変名を含む)の著作物 死後50年
・無名・変名の著作物 公表後(または創作後)50年
・団体名義の著作物  公表後(または創作後)50年
・映画の著作物    公表後(または創作後)70年

 

例えば、芸能人の写真を挿入したり、有名作家の著作物を引用することも
禁止されるだけでなく、公的な団体が発表している資料等も引用すること
も止めたほうがよいです。

 

しかし、保護期間からすると、例えば江戸時代に活躍した松尾芭蕉の俳句
を引用することなどは問題ないようです。

 

画像や動画もまったく載せないほうがよいということを言っている方も
いますが、動画は審査の段階では載せないほうがよいですけど、自分で
撮影した画像については、むしろどんどん掲載していくべきです。

 

5.偽造品

これは当然ですが、偽造品やその疑いのある商品の販売や宣伝を行うこと
はできません。

 

また、審査不通過になった方へのGoogle社からのメールには、
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)
が紹介されていて、下記URLをクリックするとGoogle社の社員が
動画で解説しています。

 

しかし、このガイドラインでは、不正行為等によってGoogle の
インデックスから完全に削除されるか、あるいはアルゴリズムや
手動によるスパム対策を採ることがあることを説明しているだけ
で、何故Googleアドセンスの審査基準については説明をしていま
せん。

 

以上のことから、不審査になった理由がまったく分かりません
でした。

 

私としても、読者からの方からご質問を受けた以上、責任があり
ますので、いろいろ調べた結果、次のことが分かりました。

 

以上のプログラムポリシーに加えて、審査に通過するための必須条件
がありました。

1.サイト運営者のプロフィールを付けること
2.サイト運営者と連絡が取れるようにしておくこと
3.サイトのプライバシーポリシーを載せておくこと

 

さらに、ユーザーに分かりやすくサイトを閲覧できるように
サイトにはメニューバーを作成しておいたほうがよいです。

 

メニューバーは、ヘッダーの下にある細長いバーで、2~5項目程
あり、項目をクリックすると他にページに飛ぶようになっています。

 

ただし、外部リンク(アフィリエイトや他サイトへのリンク)
はできるだけ貼らないほうがよいでしょう。

 

プロフィールは、メニューバーかサイドバーに掲載するとよいです。

 

本名でなくともニックネームでもペンネームでもよいです。

 

画像をつけたほうがよいのですが、なくともよいです。

 

運営者と連絡が取れるようにする点については、自分のメールアドレス
を記載しておくだけでもよいです。

 

あるいは、ワードプレスの問い合わせのツールを使うか、
無料のHPレンタルサイトから問い合わせのフォームを
ダウンロードする方法もあります。

フォームズhttps://www.formzu.com/

 

プライバシーポリシーについては、下記の青い文字(「Googleアドセンスの
ヘルプページから引用)をコピペして、メニューバーから見れるように
するとよいです。

 

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する
広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの
過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナー
は当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト
上でお客様に表示できます。

お客様は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレストベース
での広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を
無効にできます。

また aboutads.info のページにアクセスして頂き、インタレストベースでの
広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleの
ポリシー と規約ページ をご覧ください。

 

以上が、一次審査に通るための基準です。

 

二次審査に通るためには、アドセンスの広告バナーを貼ってから、
自分でクリックしないこと、2日に1回は1000字程度の記事を更新
必ずやりましょう。

広告バナーの張り方など、アドセンス申請に関する一般的な
ことは私の無料レポートに詳しく載っていますので、そちら
をご参照願います。


 

アフィリエイト初心者がGoogleアドセンスで報酬を得るまでのプログラム

 

 

 

 

私に問い合わせされた方は、一次審査は4回目で通過し、二次審査は1回目
で通過されました。

 

はじめて一次審査に申請されてから二次審査に合格するまで、3ヶ月かかった
そうですから、私が7年間に審査通過したときと比べてかなり厳しくなってき
ています。

 

後日、その方からメールが届き、「ネットビジネスを始めるにあたり、3ヶ月間
試行錯誤をしたことが無駄ではなく、大変勉強になりました。」と感謝のお言葉
をいただきました。
 

 

 

 

■お役立ち情報満載のブログはこちらから■


起業・独立ランキング


にほんブログ村

 

 

 

■おまとめソーシャルブックマーク■

 

 

 

 

 

メルマガ登録はこちらから!!

 

 

 

 

 

 

 

⇒トップページに戻る

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

名前: 藤井 暁彦

50歳で借金地獄から逃れるようにして東京から沖縄に移住し、人生の再出発をしました。現在は講師をしながらネットビジネスで独立起業を目指しています。

⇒詳しいプロフィール

メルマガ登録はこちらから

◆ランキング上位掲載中◆

皆様にランキングの画像をポチッとしていただけると元気になります。


メルマガ・アフィリエイト


にほんブログ村

アフィリエイト基礎講座










オススメの情報商材・ツール

☆トレンドアフィリエイト基本書

 

☆YouTubeアフィリエイト

 

■Twitter集客販売ツール

 

☆コピーライティング
の秘訣 

 

■HP作成ツール

 

■HP・WP作成ツール


 

◎無料オファーのASP

 

▲トップへ戻る