AX 世相分析 | 人生逆転の戦略的アフィリエイト | 月収100万円までの戦術

見せかけのアベノミクスは「格差拡大政策」

 

6月15日に内閣府が景気動向指数研究会を開き、「安倍政権が
発足した2012年12月から今年4月までの53カ月で、バブル景気の
51か月を抜き、昭和40年代の『いざなぎ景気』を抜いて、戦後
2番目の好景気となる」と発表しました。

 

この発表を聞いて、ピンとくる国民はどれだけいるでしょうか。

 

続きを読む »

低成長時代だからこそ次世代の先駆者となれ!!

現代は景気が低迷している低成長時代にあります。


経済産業省の動向では、右肩上がりとの発表がありますが、
右肩上がりなのは官公庁と大企業のみです。


企業の98%を占める中小企業では、未だ賃金カットや人員整理
などの不景気に見舞われています。


日本を誇る製造業でも円高の影響を受けて輸出不利でGDP
の伸び悩みが目立ちます。


最近の人工知能AIの今後の普及により、ロボット化と

人員整理が進み失業率が悪化することも予想されます。


政府の経済成長戦略のアベノミクスも順長な成功を見せている
ように見えても、実質は変わっていません。





安倍晋三首相の小手先の経済政策とパフォーマンス外交では、
自民党の政権維持には貢献するものの、国民の大多数の生活
が改善されることはないのです。


民進党の蓮舫党首が、年金制度の抜本的改革を呼びかけてい
ますが、現代の既得権社会を変えない限り改革は難しいです。


少子高齢化を迎えるにあたり、私たちの世代が今度受給される
年金だけでは夫婦が暮らしていけるだけの経済的基盤はありま
せん。


不足分を生活保護で補給するとしたら、現在でも年間40兆円の
赤字を抱える国家予算の行く先はどうなるのでしょうか。





以上、書き連ねたことは中高年なら誰でもが持っている不安であり、
自分たちの子孫に大いなる負担を残したまま年老いておくこと
は、時代の先達として無責任であると思います。


私は、少なくとも先祖や親から学び伝えられた文化なり生き方
などがあって今の人生を送らせていただいている見返りとして、
当然に後世に残すべきものを構築していかなければならないと
考えています。


私などの一小市民が訴えかけたところで世の中は変わりません
が、数十万、数百万の人々の意識が変わることで、次世代に残
す価値観や制度をつくっていくことができます。


明治維新で時代を変えるために生死を賭けた獅子は、約3000人
と言われています。





当時の人口が約3000万人だったことからすると、時代を変革
するためには、人口の1万分の1、現代で言えば130万人の人
が変革に命をかければ時代が変わるということになります。


現在の日本にとって、130万人の人が変革の意識をもって時代を
変えていけるかどうかは今後の大きな課題です。


少なくとも私はその一人であり、不惜身命の覚悟で現在の日本
を変革していくつもりです。


 

 

 

 

 

 

■お役立ち情報満載のブログはこちらから■


メルマガ・アフィリエイトランキング
 
 

 

 

 
■おまとめソーシャルブックマーク■

 

 

 

 

 


おまとめソーシャルブックマーク





■メルマガ登録はこちらからどうぞ!!



⇒トップページに戻る

プロフィール

名前: 藤井 暁彦

50歳で借金地獄から逃れるようにして東京から沖縄に移住し、人生の再出発をしました。現在は講師をしながらネットビジネスで独立起業を目指しています。

⇒詳しいプロフィール

メルマガ登録はこちらから

◆ランキング上位掲載中◆

皆様にランキングの画像をポチッとしていただけると元気になります。


メルマガ・アフィリエイト

 

アフィリエイト基礎講座










オススメの情報商材・ツール

☆トレンドアフィリエイト基本書

 

☆YouTubeアフィリエイト

 

■Twitter集客販売ツール

 

☆コピーライティング
の秘訣 

 

■HP作成ツール

 

■HP・WP作成ツール


 

◎無料オファーのASP

 

▲トップへ戻る